04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

また2週間経っちゃった… 

毎度!!

Twitterのタイムラインを追っかけるので精一杯
何せいろんな情報が飛び交っていて、頭の中で情報処理が追い付かないくらいです(笑)

そんな中、別々に流れてきた商品をご紹介

この商品、2つともダイソー製のネイルアート用なんです
右側のネイルブラシは細筆8本入り(ケース付き)
筆先は意外と長いので、使いやすい長さに切り詰めればなおよし!
左側はネイルアートを落とす除光液
中は切れ目の入ったスポンジが入っていて
指を入れるだけで指や爪に付いた塗料を落とせるスグレモノ
20160618143547f34.jpg
こんな感じで切れ目が入ってます(見えづらい…)

そしてこの2つをセットにして使うと
ラッカー系をちょっとした部分塗装に使える!
20160618143549ed6.jpg
写真のブラシは筆先を半分くらいに切り詰めてます



20160618140036f32.jpg
そしてRGズゴックの爪の根元をこれで塗装しました
本来はアルミシールが付く部分ですが、水中用ならシーリングされているだろう、と解釈
ラバーブラックを塗りました

あ、そうそう
ラバーブラックはタミヤのアクリル塗料なので、水性ですが、
自分の場合はラッカー系としても使ってます

なので、タミヤのアクリル+クレオスのMr.カラーを始めとするラッカー全般(と言ってもウチではMr.カラーとガイアが中心)の混色は日常茶飯事としてます

自分の中での混色の定義として
タミヤアクリル+Mr.カラー+ラッカー溶剤=○
タミヤアクリル+Mr.カラー+アクリル溶剤=×
タミヤアクリル+Mr.カラー+水=×
タミヤアクリル+ラッカー溶剤=○
タミヤアクリル+水=○
Mr.カラー+ラッカー溶剤=○
Mr.カラー+水=×
Mr.カラー+アクリル溶剤=×
(ガイアはMr.カラーと共通という認識)
…ざっくりですが、こんな感じで使ってます
まぁ、タミヤカラーは色が豊富なので混色は必要ないことも多いです


因みに「水」は水道水を沸かして冷まして作った「自家製蒸留水」です
水道水そのものはカルキや塩素などの不純物が混ざってるので避けてます
高校生の頃の化学の実験の時は(工業化学科出身なの)
常備の蒸留水が無くなると自家製蒸留水を作って使ってましたが、今でも同じように蒸留水を作ってます

実験中なので大きなロスタイムだったなあ…


話が大きく逸れたので、無理矢理修正…(^^ゞ
20160618140030dda.jpg
ほら、こっちの方が「らしい」でしょ?
少なくとも自分はキラッと光るよりはいいんじゃないかと思います
一番最後につや消しにしちゃうので、どっちにしてもキラッはなくなっちゃいますがね


タミ猫の主脚
20160618140035fca.jpg
こっちはいつものエナメルでスミ入れです
あ、そうそう
上の話、エナメルは別ですよ
油性は絶対に溶けませんから(笑)

定例会では、機体全体のスミ入れを兼ねたウォッシング
20160618140037ed6.jpg
…の拭き取り作業(笑)

20160618143552a5e.jpg
脚庫カバーの外周に警告用の赤いラインを塗りました
ここを塗ると戦闘機の終盤という感じがします
中学の頃はここは必ず最後に塗ってたので…(^^ゞ


そして…
もうちょいで完成という所で新たな刺客(お誘い)が…


スポンサーサイト

[edit]

« タミ猫は公開後!  |  ヒャクイチ祭りだワッショイ!! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mosi2kame4kame34.blog118.fc2.com/tb.php/398-6e7403e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。